ようこそ!(^0^)/  『 あおい そらを見上げて 』 は、コメント・トラッバック大歓迎!
皆さんの頭上に, −− 素敵な空 −− が拡がりますように♪ 

2007年09月16日

■ 新たな一歩を踏み出そう。

はっぴぃ♪が近くにあることを、
素敵なエネルギーが、背中を押してくれている♪ことを、
すっごく(>。<)感じている数ヶ月。

そして、本日,9月半ば。
やっと秋が来たような気候の訪れの中、
あるところへ出掛けて来ました。

素敵なエネルギーに導かれ、
この半月ほど、トコトコと数件まわっていた”ガイダンス”。
それを受ける最後となる場所に。

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

ガイダンス。
ワンツーマンで受けるそれは、
自分の考えが、言葉に出した奥の気持ちが、背景が、
次々と浮き彫りとなり、
また、相手に引き出されることによって、
より具体化していく。
その自分の中の様子・過程が、
自分のことといえど、とっても面白い!
・・・・と感じます。

あっ、私って、
結構,考えて結果を出しているんだな
・・・・・なんて感じたりする。
あっ、やはり、
そこが私の不安と不明なんだ。
・・・・・なんて、再確認いたりする。
あっ、そこの詰が甘かったか。
・・・・・なんて自己反省もする。
あっ、そういう考え方もあるのね。
・・・・・と、新たな視界が開けたりする。
経験て、すごく活きているんだな。
全てが、ちゃんと今に繋がっているんだな。
・・・・・なんて実感する。
何事も、プラスに聞き入れる大事を確認する。

植物の絵に書き記したその形が、
より具体的に構想されてゆく様を実感。
導き手により、
自分自身に迷いの無い前向きな気持ちが生まれ、
具体策を見出す経過を感じます。

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

そして、本日。
これで、ガイダンスを受けることを最後にしようと 出掛けた先。
ここでも、ワンツーマンのガイダンスがありました。

そこで、
おっ!これは・・・・・!
そう感じて、私の頭の中が、きりりっ!
未来につなげていける場所。人。空間。
出会えたぞ(・ー・)!
ここは、私の探していた要素がある場所だ(・v・)!
そして、
ちゃんと続けて行ける感触あり♪
辛くなり過ぎて、投げ出したら意味無いもんね(^^;)

そう感じた時、
自分の気持ちの中で、るる〜〜ん・ふるふる〜〜ん と、
心の芯を軸に、形を様々に変化させていたそれが、
ちょんっ! ぷる♪るんっ♪ と艶を帯び、
弾力を持ちながら まあるく白く 纏まりました。

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

ここ数ヶ月に渡り、大きく身心に受けた出来事。
メンテやお片づけ。
仕事環境・自身への評価。
働き方を変えたことで出来た,隙間時間に
であった様々なもの達(者・物・もの)からの刺激。

それは、これまでに意識の中で蓄積した何かを 突き動かし、
この先の自分に、大きく働きました。

身心に受けた出来事。
そうして集まった情報や自分の変化を、
ここらで、一旦,足を止めて・気を留めて、
そして、また踏み出す。

今 再び、そうしてみる時期なのかもしれないな。
時間が、節目だと教えてくれている・・・・・と強く感じた前月。

それは、”このブログを始めた時に目指したもの,願ったもの”を、
再度、自身に問いかけることとなりました。

それを受けて、自分への自問自答した時間。
それを確認するために、
探し、足を向けた,”様々な場所・出逢った人々・出逢ったもの”は、
”私の見つめる先にあるもの”。
幸福と感じることの中に、
このまま年齢を重ねた時、今のまま時を過ごしては出逢えないもの。
足りないもの。

今のままでは叶えられない・・・・・何か。
それを叶える何かを、具体的な姿にし、
それに応える為の,空白を埋める手段
が、幾つか導き出されました。

その空白を埋める為に導き出された,幾つかの手段。

”準備”という”手段”に、
最短で1〜2年ほどの時間を要す模様。
そして必要となったのは、ちょっと纏まったお金。
正直 痛い(;。;)
けれど、
ちゃんと使ったほうが不安を取り払いながら、確実に進んでいけると、
視野広く歩んでゆけると、
協力者を得ながら進んでいけると、
自分の中にプラスの結論が出ました。

自分への投資の時期の始まりです(^^)♪

ノー残業で出来る時間と体力を生かして、
その空白を埋める,幾つかの手段を、
その一歩を踏み出す日を決めました♪

その今月の後半,新たなことを始めます。
そして、来月10月にも、新たなことを始めます(^^)b

新たなことを始める。
それは、
新たな環境を自身に加える・確認する
・・・・・・・と、言うのがより正確かもしれません。

新たな一歩に、新たな環境に思いを馳せ、
チョッピリ,どきどき(UU;)
とても,わくわく(^v^)♪

さぁ♪ 始めよう♪
新たな一歩を踏み出そう(^^)/
その気持ちを味方につけて♪
素敵な生涯となるように。

小さな一歩は、
いずれ,大きな一歩の始めの一歩。
まずはここから!
まずは年末に向けて、面白くなって行きそうだよ!

小さな一歩の始まりのお話は、また今度♪



−今日のはっぴぃあぃてぃむ−
定まった心♪小さな一歩の決心♪ ^v^
BGM:マリーザ・モンチ/私のまわりの宇宙

新しいことを始めよう♪その今の心地は、このアルバムに心ゆだねている時と似ている♪・・・てなことで、この一枚♪

今年,2007年の来日も記憶に新しい,マリーザ・モンチさん。
彼女って、どんな感じ?・・・と、POPS好きの知人に聞かれ、
日本人で言うなら、竹内まりや さんの感じかなぁ
・・・・と答えている私です。
私の中では、
繋がるものがあるように感じるお二人♪
皆は、どんな風に感じるのだろう♪

特に日差しが強く感じる頃,
それが少し静まり,惜しみたくなる頃、
こんな音楽・リズムを聴きたくなる♪

ブラジリアン・ポップの歌姫が、
心地よき夏の楽園を連れて来る♪
このアルバムのキーワードはサンバ♪
でも、サンバそのままというよりも、
サンバの中に息づくもの達を現しているような,
そんな雰囲気のあるアルバムです♪

彼女が誘う,強き日差しに揺らぐ影♪サウダージ♪
陽光の音源と海風薫る歌声♪
それを心に宿すのは、すんなりした心地♪ 
とても心地いいもの♪

そんな一時を如何ですか♪


posted by りんぴと at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | きっかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月14日

■ リサイクル & リサイクル

年金や保険・今の会社での働き方・・・・・と、
いろいろとメンテナンスをした先月。先々月。
不明&不安が、スッキリ解消!

そして今月は、
先月からの引き続き事項。
身の回りの気になっていたのもを、
リサイクル & リサイクル が、スッキリ & さっぱり!

 本日完了♪

山になった,CDや書籍を、
生活の変化により,着る機会が無くなった洋服を、
溢れてきた,小物・備品を・・・・・、

お気に入りーーー(^0^)、そうでもなーーーい(ー、−)、
(ーー;)趣味にあわん。

よく使うー、年に何度か使うーー、ずいぶん使ってなーーい、

あまり使わないけど無いと困るーーー、無くても困らなーーい、

殆ど使わないけど(’’)気になるーーー、
気にならなーーい(ー0ー)、

素敵だけれど、
余りにも自分の生活からかけ離れていて、
(^^#)つかえなーーい、
凄く役に立っている。もう,頭の中に入ってる(・。・)/、

いるーー♪ いらなーーーい♪ 
誰かに使ってほしい♪ うーーん(ーー)保留。

そんな作業を繰り返し、
アマゾン経由で買ってもらったり♪
近くのリサイクルショップで買い取ってもらったり♪
他のものに作り変えたり・・・・・と、
     リサイクル & リサクル ♪

そんな中、書籍を古本買取のショップに持ち込んだら、
20冊で、200円との返事に、思わず絶句。
値段つかず・・・がいっぱい。

うーーーーーーん。高価買取の高価って、何さ(ー。ー)
そのうちのこれ!
    (・0・)すんごくお役立ちの本なんだぞーーー。
保管状態もいいのになぁ(ー。ー)・・・・・。
発売から5年は経っているけど・・・・・(、、)。

とても為になった本が、素敵だと思って読んだ本が、
今でも役立つ本が、
発売日から数年たてば、ただ同然になってしまう事実。
買い取りもつかずに処分されるのは、とても悲しい(ー。ー)。

傷みがひどい、汚れがひどいから・・・ではなくて、
単に発行日が買い取り規定に合わないからという理由なら、
廃棄処分ではなく、寄付扱いで処理してくれたらいいのにな・・・。
なんてこちらの勝手で思ってしまう。

CDも発売日が基準なんだねぇ。
ちょっと、買い手がなかなか見つかりそうにないコアのアルバムを、
買取に出したら、
発売から一年以内なら、半額位。
その中で発売から一ヶ月、人気のあるものはそれ以上。
一年を過ぎると、1/3以下。
人気があるものは、チョイト上乗せ。
勿論、美品であることが条件にありますが・・・。

なんだか、これもちょっと複雑な心境ですね(^^;)
コアな商品を出すなら、
やはり,価値を分かってくれる専門店の方がやはりいいね。
買い取り価格についても、
その後の保管や買ってくれる先を考えても(..)ゞ

リサイクル&リサクル♪

柄がとてもお気に入りブラウス。
袖口の縫い目の糸が擦り切れそうになるまで着たけれど(^T^)、
なんだか まだまだ愛しい(u。u)ので、
痛みが少ない部分を、ハンカチに作り変えていました。

夏用の薄手のジーンズ。
使用頻度激しく、
3年目の今年は 洗っても膝が出ちゃう生地の伸び具合。
出掛けるには、ちょっとなぁ・・・(^^;)ゞ
でも、掠れ具合・色落ち具合がお気に入り(^。^)なので、
来週から習い始める,フラワーアレンジメントの
お持ち帰り用の”お花包み袋”を作ってみました。

お気に入りが、使えるものとして復活するのって、
とっても、はっぴぃ(uu)♪

リサイクル&リサクル♪

リサイクルで、
お部屋の中は、
 スッキリ♪さっぱり♪

この視覚の爽快さ♪ 気分もスッキリ♪
お財布の中は、
 ちょっぴり複雑さをはさみながらもプラスです♪

このプラスで、ほしかった本を一冊 買って♪
ほしかった楽譜を幾つか買って♪
残りは、フラワーアレンジメントのお教室代ですわ(^。^)♪

資源は、有効に、有益に転換させよう♪
今,自分に不要でも、それは誰かが必要なものだから。
形を変えて、存在を変えて、きっと素敵なものになるはずだから。
形あるものも、なきものも、きっと大事なものだから。



−今日のはっぴぃあぃてぃむ−
お部屋の視覚も、気持ちも、スッキリ♪さっぱり♪ ^v^
BGM:グレン・グールド
/J.Sバッハ ゴルトベルク変奏曲(1995年の再創造)


お片づけを兼ねたリサイクル♪お片付けって、出来たときにとてもスッキリするよね♪ グレンさんのピアノを聴くと、私は気持ちがスッキリ♪脳がスーーーッと♪視界がサーーッと開けてゆくんです♪・・・てなことで、この一枚♪

彼の音源を、録音方法がことなるアルバムで聴く贅沢&楽しみ♪
を今日はご紹介♪

1995年の録音の音源,
ざーーーっと、した音が入る
昔のレコーディング(モノラル録音)のアルバムから、
その人の一音一音のタッチを全て再現すると言う,
今の最高峰デジタル処理にて自動演奏として
目の前で弾いているような音の伝わりを再現したという,
音源クリアな一枚が、これ!

バッハの音源の創造をした,グレン・グールドさんのアルバムを、
再創造する試み♪
この時代に生まれたからこそ出来る,贅沢な聞き比べですね♪

再創造は成功か。
いや、どちらが良いか。
いや、好きか。
うーーーーん。
どちらか一枚だけでは、グレン・グールドさんの魅力は
語れないような気がします。
二枚あるからこそ、より、感じるものが拡がった。
キャパが大きくなった気がします♪

今回の最新録音技術で、
モノラルでは、感じ得ない臨場感が伝わってくるし♪
モノラル音源には、
コンピュータ・ソフトでは、影を潜めてしまう,心の内の大いなるリズムが伝わってくる♪

この技術の向上による発売は、
彼のピアノ人生を、より感じるためのものかもしれない。
・・・・と、そんなことを感じながら聴いています♪

曲には関係ないけれど、彼は、音痴だったそうで・・・。
お世辞にも、その口ずさむメロディーは、褒められないものらしい。
なんか、そのギャップ,いいなぁ。
・・・・・と、いうこともあるけれど、
そうなんだよ!
音痴であっても、心や頭の中で歌う歌は、音痴ではないのだ!
素敵なメロディーを感じているんだよ♪
それを、証明してくれている人でもあると、私は思う♪

時代の移りによる音源の創造を、
いろんな意味で素敵な彼の音色を、
耳にしてみるのは、如何♪


posted by りんぴと at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の粒種 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月13日

■ 軌道修正 〜きっかけ〜

会社での働き方を変えたことで出来た,自分の為の時間。
その隙間時間にであったもの達(者・物・もの)から受ける刺激に、
自分の中で蓋をしていた何かが
ふつふつ・・・と動き出し、勢いよく芽生えています。

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

このブログを開始してから、2年8ヶ月。
その半年後,偶然にもヴァイオリンを手にし、
解放弦を初めて弾いた あの日から2年2ヶ月。

この先を見つめて,それらを始め、
今も続けている意義は、とても大きい・・・と、感じます。

それは、どちらも、
外に放つと同時に、
自分と向き合う要素が実に強い・・・
というところ。

自身を内なる声をそのままに感じ、把握する。
一歩置いて、今度は別の自分が冷静に,
他の視点で見つめ直し、把握する。
そして、外からの,自身とは異なる声に触れ、
三度,見つめなおし、把握する。

何をするにしても、それを意識することは可能だけれど、
外に向かい、自分自身が発信している形態を取ることで、
一層 強化されるように感じています。

そして、それは自身の歩みの事実として記録され、
幸福を呼び、助けとなり、
過去にも、今にも向き合う時間を作り、
これから先の自分を見つめる糧となっていると感じます。
脳学者が世間に知らせた,アハ〜!の効果
それに似ているようにも感じます。


でも、今、
その見つめる先に、
これだけでは 補えないものがあることを、感じています。

欲が出たのか・・・・・。
それとも、温めていた玉手箱が開いたか・・・・・。
隙間時間にであったもの(者・物・もの)から受ける刺激に、
自分の中で、もう少し後で・・・と、蓋をしていた何かが
ふつふつ・・・と動き出し、勢いよく芽生えています。

でも今、
その芽生えに答える何かが足りない。
それに応える,準備がなされていない。
そこに ぽっかりとある空白。

蓋をしていた何かは、どんなもの?
今、ぽっかりと出来る空白を埋めるものは何?

それを頭に,気持ちに置きながら、
このブログを始めた頃に 自分に問うた言葉を、
今 一度、自分に向かって投げ掛けます。

10年後、何していたい?
60歳になった時、どんな風に年を重ねていたい?
どんな自分でいたい?
どんな風に暮らしていたい?
どんな風に、世界とコミュしていたい?

自分の中から返ってきた声。

それは、
ブログ開始の当初に返ってきた答えと同じものもあれば、
同じものでも、
その思いの程度が、当時よりも ずっと切々としているもの。
もう一歩踏み込んだもの。
拡大したもの。そぎ落としたもの。
そうなっていたいという時期を速めているもの。

方向性は、そう大きく変わりはしないけれど、
内なる声が発したものは、色々です。


様々な声を書き出す。
そして、
足りない何かについて、探ってみる。

植物の図を描いてみる。
根に、その発端となった出来事を書き記す。
茎に、今の気持ちを書き記す。
広がり行く枝葉に、今の気持ちを作った,細かな気持ちを書き記す。
クリアにする,プラスにする要素を書き記す。
輝く花に、導き出された望みの要素を書き記す。
形にするコンセプトを書き記す。

蓋を開け放ち、湧き出た,”何かの形”を固めてゆく。
今,感じる空白への答えを埋めてゆく。

何故、そう思ったの?
何がきっかけ?
纏めると、行く先はどんなもの? どんな形で展開するの?
それをするには、どんな準備が必要?
今の自分に、何をプラスする必要があるの?
それには、どんな方法がある?
どのくらい時間が必要?
どんな環境が必要?
それを身につけるのには、お金は必要?

蓋を開け放ち、湧き出た,”何かの形”を固めてゆく。
今,感じる空白への答えを埋めてゆく。

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

そんなことをしていると、不思議なもので、
導き出すヒントや、探し出すそのものが、
思いもしないところから やってくる。
待ち伏せていたのかと思うくらい,抜群のタイミング♪
向こうからやってくるそれは、出逢うべくして出逢うものなのか。
いつも素敵なことが生まれる。

『出逢うタイミングも良き,いいもの(者。物。時)
それは、本当に不思議な程に"はっぴぃ"をもたらす』

・・・・・の法則あり。

今回は、その”はっぴぃ”が訪れた。
そう。
ヴァイオリンが手元に届いてくれた,あの時と同じように、
必要なのはこれでしょ(^v^)やってごらんよ
.....と、プラスのパワーを放って手渡されたような感じだった。

幸運の女神は、後ろ髪がないんだったね。

まっすぐに淀み無い、素敵なパワーを感じて、
まずは、握手。

そして、
あまりのタイミングの良さに、
ひきつけられる魅力に、
思わず、”引っかけじゃありませんよね?”
なんて、石橋叩く(笑;)

それでも、
最初の強烈なプラスの直感に迷いが起こらない。
始めるなら今だよ!
これが良いと思うよ。やってごらんよ。
ヴァイオリンが手元に届くきっかけとなったあの感覚が、
蘇る。
すんなりとした気持ちが訪れる。

そして、自分の今を確認する。

新たなことを始めることは、
何歳になっても出来る.....と言うけれど、
それを形にする,
自己が納得するところまで仕上げる、身に付けるには、

はたまた、見ず知らずの方から微笑みを頂くまでには、
それなりの時間は必要なものだと。

時間は、
誰もが同じ,一日を24時間の単位を持っている
.....と言うけれど、
誰もが同じ環境、同じ条件で生きているわけでもなく、
同じように時間を過ごせるわけでもない。

その人、その人を囲むものは、常に変化する。
だから、人それぞれに、適した節目があるものだと。
今でも そう思っている。

そんな節目を感じたら、
立ち留まって起動修正することも必要だ。


迷いが無くとも、最終地点が同じだとしても、
どうやってそこにたどり着くのがより良いのか。
有益であるのか。
時折 軌道修正することは必要だ。

無謀に踏み出すは、ナンセンスだけど、
自分の中に ハッキリしたものが見えるなら、
それをする為の準備を始めるなら、吸収するなら、
迷っている時間は、それほど無いはずだ。

そして、現在。

私の見つめる先にあるもの。
幸福と感じることの中で、
このまま年齢を重ねたら、きっと出逢えないもの。
足りないもの。
今のままでは叶えられない・・・・・何か。

それを叶えたい形は、自問自答の中で、具体的な姿を現し、
それに応える為の,空白を埋める手段は、
”植物の絵”と、様々な出会いと情報に導かれ、現れた。

その空白を埋める,幾つかの手段。
少なくとも、一年・二年という,時間を要すものが
幾つもあるよ(・0・)

読書の秋。
スポーツの秋。
勉学の秋。
芸術の秋。


春も始まりの一つだけれど、
秋もまたスタートに相応しい季節♪

春と比べて、浮かれ気分はソコソコに(^^)ゞ
しっとりと、じっくりと、
ウキウキ と ドキドキ の中にも
落ち着きも持ってスタート出来る季節(・v・)

そのスタート。
その一歩を、踏み出す日も近い予感♪
面白くなって行きそうだよ!



−今日のはっぴぃあぃてぃむ−
すんなりとした心地♪もう直ぐ,一歩踏み出せる予感♪ ^v^
BGM:村治佳織/スペイン

私にとって、素敵な節目・転機となりそうな一歩がもう直ぐ訪れる予感♪・・・てなことで、この一枚♪

2006年2月現在発売されている中で、このアルバムを一番にお勧めします♪
・・・・・と、書いたことがあります。
2007年9月の今も、それは変わりません。
最新のアルバムが良くない・・・ということではありません。

このアルバムに色濃く,しっかりと現れているものが、
とても魅力的に感じるのです♪

勿論,曲自体がとても素晴らしい という点は勿論ですが、
この中の村治佳織さんが、
一番しっかりと 大切にしたいもの♪
そうすべきであるとご自身がしっかり受け止め,動いている♪
そう,自身が頭でも、心でも、腕・指先からも、
自身の全体で納得し、見定めて発している最初の瞬間。
そんな瞬間を感じるのです♪

そうした意思が十分に出し切っているアルバムには、
例えご本人を知らない人でも感じとれる,作品の力強さがあります♪

今も耳にして感じるのです♪
このアルバムは、彼女の転機のアルバムなのではないかと。

そんな印象的な音色に触発されるのは如何♪



posted by りんぴと at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | きっかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月12日

■ 花のパワー 〜フラワー・アレンジメント体験レッスン〜

本日は、フラワーアレンジメントの教室に体験レッスンで、
いい集中♪
2時間がっつり♪ 過ごしてきました♪

家では、ミニ・プランターでのハーブやプチ野菜。
鑑賞というよりも実用性の多い緑との関わり(^^)ヾ
花メインより、グリーンメイン。

それはそれ♪
緑の色合いと、よき香りの効能を感じて嬉しいこと。
自然に、あっち向いたり,こっち向いたりする姿も、
なんだか落ち着く♪

でも、
花屋の前を通る度に感じていたことがあります。
それは、
花の生気♪躍動感♪
形状と色彩♪
グリーンと共に伝わる,視覚の刺激♪

単純に、
綺麗だなぁ・・・・と、
あぁ,綺麗だなぁ・・・・と感じ、
足を進めど 目は花を追っていたりする。

室内であっても、
花一輪がそこにあるだけで、
嬉しくなったり、
気持ちに張りが出たり、気分が和らいだりすることを

気付いていたりする。

殺風景な部屋に、灯りが一つ灯るだけで、
そこに 安心の空間が出来るように、
span style="color:#FF98FF;">花一輪あるだけで、
気持ちが清浄化するように、感じたりもする。

は、そんな不思議な存在に感じます。


そして、
じっ・・・・・と 花を見ていると、
幼い頃に耳にした話を思い出すのです。

小学生3年の夏。
自分の家族や、身近な人から終戦時の話を聞き、
レポートにするという夏休みの課題。


その時に聞いた話は、今でも印象深く、記憶に残ります。

全てが焼け、雑草さえも焼け、
ものが手に入らないその時に、
食べ物を手に入れる術を、買うお金を、
工面に工面を重ねていたその時に、
一番売れていたのは、花だったように思う・・・・という話。

お金に換えるものが無く、
焼き残った庭の花を切り、売りに出したら、
あっという間。
飛ぶように売れた
・・・・・という話。

焼けた土の中で、地に這い蹲るように咲いていた小さな花を目にし、
”諦めてはいかん”
・・・・・という気持ちになった話。

淡々と語り、時に涙ぐむ,話し手のその様子に、
花を手向ける気持ちは、
そうした食糧難という厳しさの中にも、
生死を嫌がおうにも感じてしまう時の中にも、
深く息づくものなのだとも思い・・・。

真っ直ぐに、惜しみなく咲く花の姿に、
人は正しいエネルギーを貰い受けたのだとも思い・・・。


その後、花屋さんになりたい・・・とか、
樹木医になりたい・・・とか、
そんな風には考えたことはなかったけれど・・・・・。

今にして思えば、
木や花に、
話しかけることが多い子供
となっていたかもしれない(^^;)ヾ

今では?
う、うーーーん。
植物に向かって、大きな独り言・・・になっていることがありますね(^^;)
おぉーーーーー!今年も咲いくれたんだぁ・・・・・とか、
ずいぶんと不思議な形ね・・・・とか、
今日も綺麗だねぇ・・・・・とか・・・・・(^^;)ヾ

今にして思えば、
よく種を植えていた子供でした(^^;)ヾ
食料作り,家庭菜園のお話を聞いたからかなぁ。
植えていたのは、西瓜の種・柿の種・林檎の種・・・・・。
食べ物系ですね(^T^)
もしかしたら、育っちゃったりするかも・・・・とか言いながら、
危機感というより楽しみモードで植えてましたなぁ。

今では?
おとなしく、小さなプランタでハーブとプチトマト・・です。
でも、いつか、
アボカドの種を植えたーーい。
・・・・と、アボカドを食す度に思っています。
めちゃめちゃ大きな木に生ることを知り、
今は、その気持ちを抑えていますけど・・・・(^^)ヾ

ちなみに、幼き頃に植えた種ですが、
西瓜はおもちゃ西瓜みたいなのが出来て、
浅漬けとして食卓にのりました。
林檎は、不明。
きっと、土の肥やしになったのでしょう。
感激なのは、柿。
植えてから数年後に芽が出まして、
そこからはスルスルと勢いよく伸びまして、
今ではちゃんとた木!に育ちまして、
今のところ、
新芽(若い葉)が出たときに、
”柿の葉のてんぷら”が、楽しみです♪
そして、まだ食べられるものではありませんが、
ちゃんと柿の実が毎年生ります。

ちゃーーんと、種を選別して植えてた私って、偉いぞ(^v^)v
芽生えから実が生るまでに、「桃栗三年、柿八年」。
あれを、本当だと実感することが出来ました〜♪

でもね、
私、いつからか、急に柿アレルギーになりまして(T。T)、
幼き頃から、毎年いっぱい食べていたせいかねぇ(、、)ゞ
この果樹が食せるような実をつけても、
眺めるだけかなぁ(^^;)ゞ

あっ、また・・・(^^;)話が脱線しました。
花の話です。
今日は、不思議な力を持つ,華麗な花の話。
アレンジメント教室の体験レッスンの話です。

そんなこともありまして、
不思議な力を持つ花の姿に、深い興味を持つも、
その道に入りたいとも思うことは無く、
「切花を生ける」・・・という事にしても、
そこまでの技術を要されることも無く、
自分流で なんとなく過ごせてしまったこともあり、
今に至るのですが、

将来的に、
なんとなく出来ているのではなくて、
アレンジの基礎をちゃんと分かっていた方が、
学んだ方が役に立つだろうな。
楽しんでもらえるだろうな。
・・・と、思うことが、
色々と考える最近にあり、

習い事として通う場合、どんなシステムがあるのかな。
幾ら位かかるんだろ。
・・・・と、先週はネットでサクサク検索しておりました。

信頼は出来そうだけど、
資格取得までいけそうだけど、
入学金かぁ・・・。
流石に、結構なお値段だなぁ・・・・。
通うには、キツイ時間帯ですねぇ・・・。
通信制では、解らない事多そうだしなぁ・・・。
もう少し気軽に、もう少しのんびりと、学べる場
花と接することが楽しいと思える要素が大きな,
そんな学びの場はないかしら・・・・・。


そうしたら、
先日のお休みに、あるものが偶然届きました。
それは、
家のポストに投函されていた,
隣の駅近くで開かれる,フラワーアレンジメント教室のチラシ。

余りにも そっけないチラシにて、
電話で問い合わせをしてみると、
お月謝制ではなく、
一回いくら、開催している日の中で、自己選択してきてください。

・・・・という形。
テキスト使用,基礎+アレンジの,
”0”からスタートの初心者コースもあり、
地元に住む,開催協会の資格を持った方が、
サークル形式で教えてくれるというもの。
開催時間も、
ダッシュで会社を出なくても間に合う,余裕のお時間。


うん。これ。
今の私にいいかもしれない(・。・)。

早速、体験を予約する。
まずは、どんな様子か体験しとこ!
それに、講師のご様子も拝見しとこ!
行動しなければ、何も始まらぬ・・・ってね(^^)

そして今日。
ちょっとドキドキ(^。^)
ワクワクの楽しみいっぱいで、出掛けて参りました(^v^)/

夜の部の生徒さんは、平均4人ほど。
講師の第一印象は、
この業界の方だなぁ・・・・と思う性質をお持ちのようだった。
(私が勝手に思うところの・・・だが。)
そして、テキパキとした方で、
生徒さんの やっちゃったなぁーーーを、
尊重しながら適所にアドバイス。

流石プロでいらっしゃる。
ちょいと、ほんの少し刺し直すだけで、
ぐん! と、作品が映えてゆく。

流石、プロでいらっしゃる。


生徒の皆さんは、
何処と無く,おっとりした方が多いみたい。
(なんだか、私は異質な感じ?)
年齢は、幅広いようですなぁ。

根を詰めずに、
マイペースでいらして下さい。

まずは、ご自宅でも楽しんでアレンジ出来るようになってほしいです。
それには、ここで楽しめるコツ!を覚えてください

必要なお花・資材は、費用の中で全て用意していますので、
別途にご請求することはありません。
花をカット出来る鋏があれば、
専用のはさみを、わざわざ買うこともありません。
ご自身でもっと楽しみたい、必要だと思ったら、
そろえればいいんです。

そう,きっぱりと話す講師に、安心を頂きました(UU)

テキストと同じ花を用意していますが、
同じ花を、同じ位置に挿さなくてもいいんです。
同じ本数を挿さなくてもいいんです。
テキストのテーマ,全体の形態・形を意識することは、
外して頂きたくない・覚えてほしい制作の基本ですが、
あとは、みなさんのイメージ・個性を出しましょう。

そう,きっぱりと話す講師の言葉を受けて、
面白さ・楽しさが湧いてきます(UU)


講師。
何処から、どの花から、挿して行けばいいのでしょう?
講師。
指三本分でカットって?

めちゃめちゃ初心者質問に、
はい、そのポイントは・・・・と、キビキビと答えて下さる。

わからないことを、分からないままに、
押し黙ってしまうような心配は、
ここでは必要ないようです。

これまた 安心を頂きました(U。U)。

アレンジメント ラウンド1で、
ラストは、集中の糸が切れ掛かりましたが、
なんとか完成(^v^)/

一時間半の集中!の結果が、
←これ♪
 家に持ち帰り、写してみました。


いやいや。いやいや。
ひっさしぶりです。
こういうアレンジメント。

一昔以上前のこと。
設計事務所に勤めていた頃。
ディスプレイ部門のお手伝いとして、
商業のディスプレイに使う花籠を、
造花で同じように制作したことはありましたが、
生花は、やはり、勝手が大違いです。

当然ながら、お花の向き・重さ・茎の太さ は区々。
造花の様に、
こっち向いて!・・・と、
茎を曲げることは出来ませんものね(^^;)ゞ
造花なら、写真の様に、
挿しているうちに、お花が段々開いてきて(咲いてきて)、
あれ? なんか、凄い密集度になっちゃったな

・・・・とかいうことも、ないものね(^^;)ゞ
後からその密集が気になって、間引きすぎ!
・・・・・なんてこともこともね(^^;)ゞ

えぇ、えぇ、私。
写真,レンズを通して見たら、
あっ・・・・(><)ゞやってしまった! と発見!
間引きすぎて、
土台が見えてしまっているのを発見しましたよ(〜。〜)。

あぁ、生花のアレンジって、
そういうことも気にしながら作るんだなぁ〜
と、
改めて感じる時間でした。

皆が仕上がって、皆の作品発表♪

○○さんの作品でーす。と、講師が一つ一つ見せてくれる。
おぉーーーー。可憐だ。
おぉーーーー。愛らしい。
おぉーーーー。たおやかだ。

テーマは同じ構成。
頂いたのは同じ花材。
なのに、作品はこんなにも人それぞれなのねぇ・・・。

(皆さんの作品を写真に撮らせてもらえばよかったなぁ)
改めて、個性という作品,個々のセンスを感じます。

で、私の・・・・は(^^;)は、どない?
ははっ・・・。
なんだか、皆さんの世界とかけ離れている気が・・・。
まっ、これも個性ってか!
性格、出ているのだろなぁ(^^;)
しっかり向き合わねばね(・v・)/

して、
お片づけ。

チョイト時間が経って自分の作品を冷静に見るに、
頂けない部分を次々と発見するも、
初回にしては、まぁまぁよくやってるって(^^)
それに、何しろ面白かったね。
作品が出来てゆく♪
形に見えないものに比べて、
こうして形として目に見えるのは、
励みになりやすいよね。

そんなことを思いながら、カットした茎や葉をお片づけ。
新聞にくるみ、お片づけ。

その新聞,目に入る新聞記事。
スポーツ紙の一面も、今日は阿部首相,辞任!でした。
(途中、持参指定の新聞紙を忘れたのを思い出し、
 駅売店でスポーツ新聞を購入したのだ)

えぇ、えぇ。
ほんと、目を疑いましたよ。
会社で、三時のお茶を口にして、一息。
午後のニュースの検索をすべく、おパソコンの前に座り、
日経ネットを披いたら、それが飛び込んできて。

ここで、辞めるの?マジで・・・。

えぇ、えぇ。
確か、ある週刊誌では、
今月の11日をその日と予測しているものもありました。


でも、でもねぇ・・・・。
今、辞めるのかぁ?マジで・・・・。

んーーーー。
最初から仕組まれたような,はめられているような

仕掛けられたような発足のシナリオとも感じていましたが、
そう・・・そうなんだぁ・・・(〜。〜)ヾ

で、次は、誰になるんだ?
阿部さんに近い、麻生さん?
んーーーー(ーー;)?
もしや、
森・小泉政権で、よくお顔をみるようになった、
当時 内閣官房長官をしていた,福田康夫さん
・・・・・とか、ここに来て出てくる?
んーーーーー(ーー)ゞ

いったい、誰?
首相の担い手って、何?
で、これからどうなるの?

この国は・・・・・わっけ、わからんのぉ(>。<)。
頭の中にグリグリ瘤が出来るような感じになったところで、
お片づけ完了。

アレンジメント ラウンド2
お持ち帰りすべく、
今日のアレンジメントに目を移す。

なんだかスッとしたなっ。



花には、癒しの効果・気の清浄効果もあるのね。
・・・・・なんて、また思う。
アレだけ集中していたのに、疲れを感じない不思議。
これは、やはり、花・植物からのパワーを貰っているからだよね。

・・・・・なんて、また思う。

土に生える植物が、やはり一番かな・・・とも思うけど、
こうして、より身近に,彩り豊かに切花を楽しむのも、
生活の一部として悪くない。

豊かなことの一つかな・・・・・なんて、思うものもある。

そして、思う。
時が短い切花だからこそ、
その姿を、より美しく・伸びやかに、活けてあげたいなぁ。
その姿を、よりその花らしく魅せてあげたいなぁ。

偶然にも出会い訪れた,
フラワーアレンジメントの体験教室。

様々な花の素晴らしさ、
生花の面白さ、取り扱いの難しさ、
それぞれの個性・・・・・等々
様々なことを感じる,素敵な二時間でした。



−今日のはっぴぃあぃてぃむ−
色とりどりの花と接する時間♪ ^v^
BGM:アン・サリー/ヴォヤージュ

花から貰った正しい波動♪それはこんな波動でした♪・・・てなことで、この一枚♪

医師であり、今は母でもある,
アン・サリーさんの日本デビューアルバムです♪
以降のアルバムも素敵ですが、
いざとなると,このアルバムに手が伸びています♪
どのアルバムよりも、
歌うこと自体への喜びが、とても溢れているように感じるのです♪

アン・サリーさんの歌声が、
風に乗って青空に伸びてゆく♪
海の上を、白波に乗って広がってゆく♪
たおやかな歌声が、心も体も伸ばしてくれます♪
視界を広げてくれます♪

その波動を感じで、
青空見上げて伸びを一つ,
深呼吸を一つ 如何ですか。




posted by りんぴと at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | きっかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月08日

■ ルチアーノ・パヴァロッティの死

先月半ばより、考え事多し。
9月に入って、
その考えも 少々纏まった様な、煮詰まったような・・・。
はたまた、見い出せたような、気持ちを定めたような・・・。

今日は、そんな状況。そんな気分だ。

良くも悪くも 頭が固くなってきたのを感じ、
頭の中の風通しをしようと,外からの刺激を頂こうと、
久し振りに駅ビル巡りをした帰り道のこと。
これまた久し振りに足を向けたCDショップで、
”悲しいお知らせ”
・・・・・を目にしてしまった。

ルチアーノ・パヴァロッティ(Luciano Pavarotti)
あの人が亡くなったという。

オペラに興味のない方も、きっと記憶に新しいだろう。
フィギアスケートの荒川さんが金メダルを取った
前の冬のオリンピック(トリノ)のオープニング・セレモニーで、
”誰も寝てはならぬ”を、
あの凍える空気の中で歌い上げた,イタリアのオペラ歌手。

三大テノールの独りを称された,パヴァロッティ氏。

今月,2007年9月6日。
出陳地のイタリア・モデナの自宅でなくなった。
享年71歳。

実質、彼の最後の公演となった,トリノ・オリンピックのセレモニー。
2006年。
トリノのオープニングで聞こえてきた歌声に、
自分の耳を疑い、テレビに見入ったことが、
昨日のことの様に思い浮かんだ。

あの時、耳を疑った。
引退したと聞いていたけど、それは私の思い違い?
彼の声であるけれど、ほんと?
・・・・・そう,嬉しい気持ちを持ちながら、画面に見入った。

画面に映るその姿。
その体は、以前,メディアを通して見た彼の姿から、
一回りも小さくなったように見えて、ちょっと、ドキリ。

今回限りの復帰かもしれない。
・・・・・・そう,思いながら、画面に見入った。

それでも、
サプライズを仕込んだイタリアに、
歌い上げるには最悪ともいえる条件の中で
素晴らしくやってのけたに、

惜しみなく拍手し、楽しんだオープニングだった。

・・・・・それが、昨日のことのように感じた。

アマチュアのオペラ歌手であったというパン職人の父をはじめ、
音楽に囲まれた環境ではあったが、
音楽一家に生まれ育った・・・・というわけではなく、
また、美声であったが
幼い頃から指導を受けた・・・・・わけではなかったという
パヴァロッティ氏。

最大のテノールと称された中でも、
彼の歌声には、何処かに現実味との不思議な調和を感じるものがあって、
オペラはどうも・・・・・という私でも、聴き入る歌声だった。

凄まじいとも言える声量とともに、綺麗な発音が印象的で、
輝く豊麗なその声に魅了された。

こんなにも、”生きている”という歌声に、
気持ちが震える。

・・・・・彼の歌声に、それを感じていた。

それでいて、
茶目っ気たっぷりなサービス精神
大きな体で、子供のような目で語りかける彼の様子が、
その真っ向に歌い上げている姿と共に思い出される。

家に戻り、彼の動画をネットで検索すると、
YOU Tube で、素敵なものを見つけた。
コンサートやインタビューなどの動画。
それぞれ5分程のものですが、内容が満載♪

私が好きなのは、
Queen+Luciano Pavarotti〜Too muck Love Will kill You〜
Pavarotti〜Ave Maria〜
勿論、三大テナーのもの は見ごたえ,聴き応えあり!
是非,お試しあれ!!


もし、
この ”三大テノール 世紀の競演”の映像を、たっぷり堪能するなら、
映像も迫力のDVDは
←こちら ですよ♪


映像を見ていたら、
もっと、しっかりと彼の歌声を耳にしたくなった。
ショップで試聴したアルバム(今日のBGM)を求め、
棚に手を伸ばした。

そのアルバムは、
1990年のワールドカップのオープニングが、
奇跡のコンサートともなった,三大テナーの世紀の競演。


当時は会す事は不可能・・・と思われたのの3人のテナーが競演し、
緊張感を高揚を爆発させた。
正直、ワールドカップのオープニングだということを、
忘れてしまうほどの迫力だ。


耳に届く彼の歌声に、思った。

生で、この波動を感じる機会があったら、
どんなに感動しただろう。

2004年。
東京から始まった,引退コンサートツアーは、
どんなものだったのだろう。

そして、このアルバムの発売後、
各地でのツアーを行う中で、
音楽雑誌のインタビューに答えていた,彼の言葉を思い出した。


オペラの舞台だけではなく、
TVにも多くの出演をされていますが、
毎日の様に、あれだけの声量で歌い、
次の日に声が出ない怖さはありませんか?
朝起きて、練習で旨く声が出ない時は、
どんな対処をしていますか?

確か、そんな質問だった。
それに、彼は きっぱり と答えていた。
私は、歌うために、ステージで歌うために、
日々生活している。

朝起きて、
自分の思うような声が出なかったら、
歌えなかったら、
それは、私がオペラを辞める時です

・・・・・・と。

引退を決意した彼。
きっと、その時・それを予兆すること があったのだろう。
そうなった時、どんな気持ちだったのだろう。

トリノ・オリンピックで、
あの凍えるような空気の中で、歌った時、
いや、
そのオファがあった時、
どんな気持ちだったのだろう。

享年71歳。
その死が、早いのか、良いものだったのか、
私には判らない。
あなたが、どんな人柄であったのかも、
私は知らない。

でも、一つ言えるのは、
彼の姿を、彼の歌声を、
わたしは、ずっと覚えている。


夜の音。
それがすっかり秋虫にかわったのを感じつつ、
あなたの声を今一度,耳にします。

ルチアーノ・パヴァロッティ。
あなたを忘れません。



−今日のはっぴぃあぃてぃむ−
蘇る歌声と姿♪そして、感動♪ ^v^
BGM:三大テノール 世紀の競演

ルチアーノ・パヴァロッティ。
あなたの歌声が大好き♪
このCDは、ずっと手元に置くと思うんだ♪この先も手放せないよ♪・・・てなことで、この一枚♪

海外旅行,旅先で、
時間つぶしに ふらりと入ったCDショップ。
そこで偶然にも試聴したのが、このCDでした。
ジャケットから、異様にも漂ってきた熱気に吸い寄せられ、
ヘッドフォンを手にしたことを、今でもハッキリ覚えています♪

その頃も、今も、
オペラという形態は、どうも好きになれないのだけれど、
彼の、彼らの歌声は、凄いと、
ただただ そう思って聴いてしまった,このアルバムは、
この共演は夢でしかありえないと思われた,
ルチアーノ・パヴァロッティ、プラシド・ドミンゴ、ホセ・カレーラスの
現役三大テノールの3人の初の競演のアルバム♪
それも、
フィレンツェ五月音楽祭管弦楽団とローマ国立歌劇場管弦楽団という
の2つのオーケストラをおいて、
巨匠ズービン・メータが指揮。

世界史に残る,カラカラ浴場で、それは興ったゴージャス。
事件とも言うべき,豪華な饗宴があったのは、
日本で言えば七夕,
1990年7月7日。ワールドカップの前夜祭であったと、
帰国後に知ったのでした。

試聴した時の衝撃を、今でも感じる♪
それぞれ得意のレパートリーで,美声を競い合う三人の、
凄まじい声量と表現力♪
試聴した途端に、眼が覚めたんだ♪
圧巻!
ただただ、圧倒されるばかりだった♪

オペラを持ち歌とする凄み♪
その歌いっぷり!お見事!としか言いようが無い♪

ラストは、三人でメドレー♪なんとも贅沢♪
なんとも、心浮き立つ歌声♪

生きている歌声♪
こんなにも、こうして、ここで、生きている歌声♪
その響きに、感動する。

後に映像で見たそれは、
正に、饗宴♪豪華♪な一夜でした。

この鳥肌ものの感覚を、是非味わってほしい♪
まずは、その歌声だけに耳を澄まして、心を澄まして♪

人の歌声・人間味の凄み♪
それをを感じてほしい,一枚です♪



posted by りんぴと at 23:30| Comment(0) | TrackBack(2) | お勧めのCD・書籍・Goods | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月01日

■ 白鳥の湖 〜氷上の「スワン・レイク」2007〜

今日は、興味津々♪
楽しみにしていた スケート・ショウ に出掛けた♪

出掛けてきたのは、
白鳥の湖 〜氷上の「スワン・レイク」〜

専用のスケートリンクではなく、通常の舞台の上に氷を張り、
アイススケートにより見せてくれる舞台芸術

何でもイギリスが発祥の地だそうで、
日本ではなじみの薄いこの形態も、世界ではよくあるのだとか。

舞台の上・・・・・って、狭いよね。
スケートリンクの何分の一?
フィギア・スケート競技を見ている感覚で想像すると、
コーナリングの連続のような狭さ(スペース)で、
演技・滑ることになるのでしょう?

その限られたスペースで滑る技術もさることながら、
バレエを題材にするのだから、
そのクラシックな素養も魅力も必要なはず。


バレエの伝統あるロシアから、
メダリストや上位入賞者を中心に構成されたという,今回の公演。
期待高まり,早々にチケットゲット♪
舞台に近いお席で楽しんできました(^^)/

ところで、
暫し前には、
バレエと雑技の融合で注目された,
”アクロバティック 白鳥の湖”というのが、
視覚的にもインパクトが強く,TVでもよく取り上げられていたね。
バレエ不朽の名作と言われている,チャイコフスキーの白鳥の湖。
なんだか、”白鳥の湖”は、ここに来てブームなの?

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

本日の出演者(主要キャスト)
ジークフリート王子役/ワディム・ヤルコフ
オデット役(白鳥) /オルガ・シャルテンコ
オディール役(黒鳥)/スヴェトラーナ・マスケヴィッチ
ロットバルト役   /アントン・クリコフ 
ベノ役(王子の友人)/アンドレイ・ぺンキン
王 妃       /エレナ・ボルデンコ
長身の黒鳥     /ウラディスラヴァ・コヴァレンコ
               &ステファン・エレミン

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

久し振りの”東京厚生年金会館”です。

うーーーん(・・)
今では なかなかお目にかかれないインテリア・配色・照明に、
入り口のドアを潜ると、目がチカチカ(^^;)
懐かしいような、痛いような(^T^;)

ホールへ向かいます。
うーーん。
これもまたお懐かしい視覚空間。
歌舞伎座や宝塚を思うような急傾斜による各階の席が、
舞台を見下ろします。

これだけ、二階席が迫り出している造りである事を、
すっかり忘れていたよ。

これなら、2階席の前方でもよかったかもな。
・・・・なんて思いながら、今日の着席。

さて、今日も舞台近くのお席。
実際どんな具合に見えるんだろ?

近すぎて、寒いかな?
シャーベットが、飛んでくるかな?
なんたって、”氷上”の白鳥の湖 ですからね(・。・)/

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

舞台が幕が揚がると早々、
目まぐるしい程に、パフォーマンスは始まった。

王子と 王子の友人が、
自己紹介代わりに 颯爽とその滑りを見せたかと思うと、
大勢が舞台の密度濃く滑り始める。

スイスイと、クルクルと、
限られた狭い舞台の上を、めーいっぱいに滑りまわる。

独りがクルクルとスピンをしたかと思うと、
お次は、二人一組,ペアで、クルクル廻る。
皆で輪になって廻る。

入れ替わり立ち代り、ペアを組み直し、
一度に十数人が舞台の上で滑り行く。


途切れなく,踊り滑るスケーターの皆さんを観るに、
目力がきたえれらそうーーーー!
これ、舞台の全体を見ようと思うと、
間近なお席では、目が廻っちゃうかも(・。・)

舞台近くのお席なら、
視野を広く保ち、
視線は、
目で追う人をある程度 決めて楽しむのが
ベストかも。

接してるペア同士。
その間合いで飛んじゃうの?
えぇーーー(^^;)怖いよぉ〜。
スケート靴の刃が、怖いよぉ〜。

あっ、ころんだ。
舞台袖でですが、
ステッキがペア組み替えた時に引っ掛かったみたい。
スケーターの、声なき声が、一瞬表情に浮かんだ。
まるで、ストップモーションの様に、
その表情が視界に入った。

スケートってだけでもそうなのに、
この密度の中で、裾の長い衣装を着て踊り滑るのだから、
凄いリスクしょっているんだよね。
こんな場面が見えても、不思議じゃないよなぁ。
妙に冷静に見ている自分を感じる,開演始めのことでした。

そして、お話の場面は、
王子と白鳥:オデットが出会うシーンへ。


一気にバレエっぽーーーい 世界に、入ります!

だからでしょうね(^^;)ゞ
バレエとは違った体格なんだなぁ。
・・・・と、感じてしまうのは。

バレエの舞台を見るに、
皆さん,折れそうなくらい細いでしょ。
筋肉がついていうるといえども、めちゃ細いでしょ。
それに対しスケーターは、
同じ筋肉(筋力)でも、がっしり系の筋肉がついているんだなぁ。
・・・と、
その体のつくりを見て感じました。
使う筋肉・必要とする筋力の質が異なるのでしょうね。

そうした体型の違いがあっても、
オデットが白鳥達を守ろうと、
すぅーーー と、前に出でるその動きは、
本当にバレエを見ているように、全身に優美さがあり、
スケートの刃を細やかに,滑らかに使う技術に、
思わず溜め息をつく、見事な登場の一場面。

白鳥たちが、静かに佇む場面や 群舞では、
少々,バレエの表現としての滑らかさやポージングが荒く、
棒立ち???
・・・と感じてしまう方が、中にはいらしたりして、
スケートと動きを保つ体に、
バレエのクラシックな動きを要求される厳しさ
を、
垣間見た様に思います。

それにしても、主役の女性お二人は素晴らしかった。
そのクラシックバレエの素養というものが、
全編を通して感じられて、
滑りの技術・表現と共に、お見事!
お二人が滑ると、その世界が ふわっ・・・(u、u)と拡がって。

特に、お二人が重なるように滑る場面、
思わす,小さい拍手(^^)。

また、黒鳥のオディールが、
とても愛らしく清楚にも表現されていたのが
解釈として新鮮でした。

オデットが空を跳ぶ場面、
そして、そのまま氷の上を滑り行く場面。
あの場面は 自然で、雰囲気があって素敵でした。

ただ、滑車の音がなぁーーーーーー(><;)
あれさえなければ、
幻想的といえるんだけどなぁ(、、)ヾ
そこが、とても残念なところ。

王子、友人、
そして悪の魅力たっぷり注いでくれたロットバルト!
男性陣の技術の賜物も、これまたお見事。

それに、
主役を女性とするこの演目にしては、男性が主の場面も多く、
物語は全体として骨太な印象ともなっていて、
あぁ,こういう白鳥の湖の解釈、進みも面白いな

・・・・とも感じました。

その男性陣。
手狭な舞台の上というスペースで、
ダブルアクセルは跳ぶし、高速スピンは出る。

間近で拝見すると、
その着地の衝撃音も迫力あり!!!

スドン! ドスン!!
おぉーーーーー(・。・)、
これだけの重力が、体にかかるんだなぁ。

そして、
王子のリフトは、本当に綺麗でした。
初めから終わりまで、
常にリフトをしていたように思うくらい,何度も見せてくれました。
体力的にも、相当キツイでしょうね。
最後の方は、少々肩で息をしている場面もありましたし。
それだけの見応え、ありました!

なかでも、同時に三人の女性をリフトした場面。
うわっ!大変!(・O・) お、お疲れ様です!
・・・・と、思いつつ、その造形に目が離せなかった♪

そして、何よりも素敵な構成だったのは、
白鳥:オデットと 黒鳥:オディールのガチンコ勝負の場面で、
二人を天と地に、同時にリフトした場面。

(宣伝ポスターにも使用されています)
この作品を象徴し、雰囲気を漂う場面でした。
とっても、凄!&綺麗!でしたの。

忘れてならないのは、ロットバルト!
彼のその滑り、気合はいってた! 凄かったなぁ!
あの何度も繰り出されるジャンプときたら・・・・。
あの、スケーティングの雰囲気ときたら・・・・。

王子役に対し、小柄な方でしたが、
その存在感は、素晴らしい!
人間の姿をした悪魔の役柄、バッチリっす!
闇の中、炎の中で佇む様子、その演技!
もう,役柄に嵌ってますわ!

炎の中・・・・、
それは、
手下の黒鳥二人が、ボトルを持ちながら何かを氷上に垂らしてるぞ
・・・・と思ったら、
急に炎が燃え上がって、 ロットバルトを囲んだ場面です。

あっ、でもね、
でもですね。
あの頬の影(メイク)は、
     ちょっと濃すぎるのでは・・・・・/(^^;)
大衆演劇のメイクにも感じてしまい、
私の目は、釘付けになりましたぞ(^^)
私のツボに嵌ってしまいましたぞ(^T^)
あれは、遠目に見る観客には、効果的なんでしょうね。

釘付けといえば、
”足長の黒鳥”もインパクトありました!
竹馬式のスケート靴を履いているようでしたね。
あの高さ、目線で、
あの狭い舞台をスイスイ滑るのって、凄いですぅ(><)

感覚として、竹馬と自分の足が、完全に一体化しているんだろうね。
そうは思っていても、
片足振り上げた時なんか、
うわーーー綺麗ーーー!と、同時に、
転ばないでくれーーーー!と、心の中で、願ってしまいますが・・・・。

出演する皆さん。
すごく危険な技の中での演技。
それを涼しい顔して魅せてくれるの技術に 感激!
そして、こうしたしっとりとした演目の中で、
爽快さを感じることが出来るのは、
このエンタメが、
スポーツでもあることの大きな魅力
だと思いました。

・・・に、しても、
最後のアンコールでの、全員でリフト&スピン。
それだけ観ても、満足・・・って思うほどに圧巻♪
よく体力残ってるなぁ・・・あれだけ、滑っていて(^^;)

さっすが!アスリート!

そのラストに魅せてくれた,
パフォーマンス と 大きなお笑顔を、頼もしく&嬉しく感じながら、
会場をを後にするのでした。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

今日,一緒に楽しんでくれた相棒さんと、
野菜ご飯(なんて、健康的♪)の後、
家に戻って、一呼吸。

今日の体験を今一度思い出します。

バレエ自体は、ちょっと退いてしまう私ですが、
スケートヴァージョンは、いいぞ!と思いました。
スケート版のバレエ演目って、
すべりの滑らかさが とても効果♪
そして、不思議と感じる 爽快さも魅力的♪
スケート版「シルフィード」とか いいかも〜(^。^)♪
なんて、思う次第(^^)

スケート・ショウ用に、
作品の解釈を変えているのも新鮮で、いいな♪
なんて、思う次第。

今回で言うなら、
王子を軸に話が進む構成とか。
ラストが はっぴぃエンドとか。
オディールが清楚で愛らしい感じとか。

「白鳥の湖」チャイコフスキーの原作って、
二人が生き残って,はっぴぃエンド
・・・では無かったように記憶しているのだけれど。
ちがったかな(・・?)。


スケートリンクで開催されるショウも、
トリノ・オリンピック以来,大変な人気のようですが、
こちらも、素晴らしいお楽しみ,です♪
ひょいと出かけるには、チケット代が大きいけれど、
こういうものが見れるのなら、また足を運んでみたいなぁ〜♪
と思っています♪

最後になってしまいましたが、
本日,楽しんだ「氷上のスワン・レイク」♪
氷の舞台製作や、公演の様子・舞台裏は、
↓ こちらから見ることが出来ます♪
      スワン・レイク ブログ
雰囲気,味わって下さいね(^0^)♪



−今日のはっぴぃあぃてぃむ−
間近の迫力♪スポーツと芸術♪ ^v^
BGM:パベル・シュポルツル/パッション〜情熱のヴァイオリン〜

今日の舞台を思い返していたら、パベル氏の奏でる音色が聴きたくなりました♪・・・てなことで、この一枚♪

今日の、舞台で流れていた曲が入っているわけではないのですが・・・・・、
今日の舞台でかかっていた弾きとも、異なるのですが・・・・・、
彼のお国はチェコで、ロシアではないのですが・・・・、
地理的なものもあるのでしょうか。
それとも、このステートショウ後に残った,
アスリートの演技に感じた爽快さが、心に残っていたからでしょうか。
単に、今日の相棒さんとチェコの話をしたからかな?
家に戻り,今日の話を書いていたら、
急に聴きたくなりました。

パベル氏 の音。
どこか牧歌的・・・いうのだろうか。地に足が着いている・・・というのだろうか。
情熱的でありつつも、なんだろう,この安心感。
この深くも、スッとした音色。
崇高な曲、感情入魂の曲、超絶技巧がこれでもかと満ちた曲。
あまりにも魅せ付けられると、苦しくなる,そんな曲でも、
近づきがたくなる曲も、どこか,ほっ とする♪
そして、軽妙に楽しませてくれる♪
その情熱のなかにある,荒涼とも言うような 大きなスマートさを持つ。
この パベル氏の音色。
歌う音色。
さらりと、深く浸透してゆく音色。

時に近く、時に離れて。
時に感情を目一杯込め、時に冷静さを目覚めさせ。
情熱は緩やかにも持ち続け、、、、、。
絶妙な心の距離感。心を開かせる魔法?
「感性の豊かさ」 や「テクニック」は当然のことながら、
これが、若き『 ヴィルトォーゾ 』 と言われる所以?

格好つけず、深く、スッとする心地のこの音色は、
私に響きます♪
パベル氏の心に触れたような気持ちになるのです♪

この日本向けデビューアルバムは2003年。
更に、その情熱も♪清涼感も♪スマートさも♪増した,
今のパベル氏の音色を、早く,新しいアルバムを聴きたいなぁ。
今後が、更に期待となる1枚です。



2007年08月27日

■ 細い夜空に見上げたもの

代々木にて。

代々木の月夜
喫茶店を出ると、
が、ビル間の細い空に 輝いていた。

細い空の下、
見事な満月を、首を傾げて見上げる。

雑然としたビル間の空に、
満月 は大きく見えた。 



どこか、
太古を想わせる月の光は、
何処で見上げても、神秘的な美しいだ。
そして、
今日は なんだか、陽気にも感じる月明かり。
月明かりが陽気とは、また面白い。
学生街の空気がうつったかな?

・・・・・そう思いながら見上げた月。
暫し立ち止まり、お月を愛でる。

代々木の月

大きなお月は、
まだまだ騒ぐ,明るい街の灯を、
楽しげに見守っているようだった。



−今日のはっぴぃあぃてぃむ−
細い空に見上げたお月♪ ^v^
BGM:クリス・スタウト/シェトランドの夕暮れ

今日,見上げた満月は、こんな音色だったよ♪・・・てなことで、この一枚♪

フィドラーズ・ビドの素晴らしいリードフィドラーでもあるクリス氏♪
空と大地の間をつなぐ空気そのものの様な クリス氏のフィドルに、
私は、この地球のパワーを深呼吸する♪

その音色は、空と大地の間をつなぐ空気のようで、
広大に拡がる自然に風が吹き過ぎたそこに、佇む光景の様で、
クリス氏のフィドルの力強さの中に、穏やかさの中に、
不思議な落ち着きを感じる♪

途もすれば、その空気・風の中に、彼の音色が溶け込み、
彼の音色が何処にあるのか、分からなくなってしまうような錯覚をも感じる。
不思議なフィドルだ♪

纏う空気、流れ行く風。留まる風。
広大な自然の匂いを、夜の空の景色を、静寂さを、儚さを、
その音色のどこかに感じ、深呼吸する♪

内からも外からも包み、作り先導して行く音源は、どこか楽しげで♪
不思議な懐かしさと落ち着きを、その音色に感じ、深呼吸する♪

これが、シェトランドの空気・光景なのかもしれない♪・・・と、
じっと、聴き入る♪

そんな空気(光景)が溢れる音色は如何♪


posted by りんぴと at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お出掛け(移動中・散策・遠足) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月15日

■ 夏休みのラストは、終戦記念日。

今日も記録更新したという,中の日本各地の最高気温。
会社の夏季休業=夏休みの最後の夜は、
家から歩いて数分の マクドナルド にて、ブログ更新中です。

普段食べていない フライドポテト が、
  無性に食べたくなったんだ(・。・)

一度は、自分で作ろうと思い、
馬鈴薯をサクサクと、
太目のスティックに包丁入れていたのだけれど、
ガス台の前に立ってみたら、
沢山の油を鍋に入れ、揚げる熱さ暑さが浮かんでねぇ、

    うわぁ〜、そりゃ (ーー;)あづいよね〜!と、
ドット汗が噴出したような気さえしたんだ。

お鍋たっぷりの 油の後片付けが浮かんだら、
    (>。<)えぇーーーーーい!ヤメヤメ!となって、
片手に割引クーポンしっかり持って、
もう片方はモバイル持って、
ここ,マクドナルドへ来ております(^。^;)

電源取れるコンセントの使用OK!
フライドポテトあり!
明日からの冷房生活(勤務)の体慣らしもしとかなくっちゃ!


ならば、
近くて、安価で、涼しい マックね。

冷房を自ら使わず、
それがある,公共的場所へ行くのも ”夏エコ♪”
・・・・・・・・なんてね(^T^)ヾへへへ〜っ。

マックのフライドポテトより、
自家製フライドポテトの方が、旨いことは分かっているというに、
あーーー、私ったら(、、)ヾ
ほんと、家で油ものするのが嫌い(×。×)なんだわ。

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

この夏休み。

朝も昼も夜も、蝉の声。
夏の暑さの中とはいえ、
ちょっと、他の音が聴きたくなってきて、
夏にピッタリのCDアルバム掛け流し♪
・・・・・もしていた,このお休み。
やはり、夏の音色ってあるな♪なんて感じていた。

はたまた、
この蒸し暑さをずっしり感じる曲を書けながら、
重いワインと青カビチーズで、
ずどーーーん と浸り♪
蒸し暑い夏を受け留めた,このお休み。
やはり、冷暗で静かに寝かせたお酒は美味しくなるな♪
・・・・・と 感じていた,このお休み。

そして、
今年も大活躍♪していた,
タイ や インド の涼しくて柔らかな綿服。
本当にほんと、お手入れ楽々♪
涼しくて、乾くのも速くて、
暑い時は、暑い国の人から知恵を頂くのも手だね♪
・・・・・と、しみじみ感じていた。

また、
西日強き中、マイボトル片手に公園へ歩き、
夏のトレーニングの部活動の走りこみを時折 目にしながら、
公園でのヴァイオリン練習も、
夕涼みに 良き,楽しい時間♪
・・・・・と、感じていた。

終戦記念日の今日。
その日も、今日の様に強力に蒸し暑かったのだろうか。
強き日差しの中、
ラジオから聴こえてくる終戦の言葉を、
じっ・・・と、耳にしていたのだろうか。

パソコン画面の一点を見据えながら、
熱々のフライドポテトを、口に頬張ります。

今、日常の楽しみとも幸せとも感じる出来事を、
特別なもとの 噛み締めながら・・・・・。



日常化した特別♪ ^v^
BGM:マファルダ・アルナウト/日記

素直に謙虚に♪普段の幸せを見失わないように♪
・・・てなことで、この一枚♪

偉大なファド歌手,アマリーア・ロドリゲスの
足元にも及ばないかもしれない。
それでも、彼女の歌声に惹かれます♪

彼女に歌声は、自然体♪
他のファド歌手に感じられないものがあります♪ 
素直で伸びやか♪
無理な造りこみはあえてしないようにしている・・・と感じます♪

ファドといえば、
深い情念や重く癖のある(良い意味で)イメージを持っていましたが、
彼女の歌声は爽やかさと素直さに満ちている♪(時代の流れ?)
そして、今は亡き偉大なアマリーアに向かい合い,
享けとめ学ぼうとする謙虚さが、表れている様♪

敬愛と謙虚さが表れている歌声で満たされているアルバムには、
なかなか出逢えませんよね♪

これからどんな風に歌い続けてくれるのか、楽しみな方だなぁと感じます♪
ファド復興により,
CDショップにもポルトガル関連の商品が棚に多く並ぶようになりました♪
この盛り上がりに時期に、ファドを気にしてみるのは如何ですか♪
今回は、彼女の日本でビューアルバムのご紹介です♪

素直で伸びやか、
そして謙虚にあふれる歌声は、このアルバムにも溢れています♪
お顔立ちも、しっかり拝めるジャケットですよ♪


posted by りんぴと at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の粒種 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■ 水分60%の体−その2

今日も、
昨日に負けじと 暑くなりそうだね(^^;;)

そう思いながら、空を見上げてお水を頂く。
発泡水を少し混ぜたお水を頂く。
プチッ♪ シュワッ♪ 
目が冴える。体の中の細胞が目を覚ます。

そして、
チョイト昨日の話の続きが浮かびます♪

人の60%は水分。
・・・・・ということは、
このおかしな程に暑すぎる夏は、チャンスな気もする(・。・)/
・・・・ってね(^T^)。

体の中の水が完全に入れ替わるには、
一ヶ月かかるのだとか。

いやいや、
この超猛暑にて、まめまめしく水分補給し、
家に帰ってからは
Tシャツが絞れるほどの汗を毎日かいているのだから、
”一ヶ月”は、
”半ヶ月”に短縮できるんじゃないかしら・・・・?

なんて、素人考え浮かびます(^T^)ヾ

この夏は、いいチャンス!
暑さを利用して、体の中のお水を入れ替えよう。


体のお水を、
綺麗なお水に入れ替えよう。


そうすれば、
細胞のお水も綺麗になって、
体の根本から 健康になるんじゃないかしら。

体調不振や、お肌の調子、アレルギー体質までも、
一気に解消現象おきるんじゃないかしら(^^)ヾ


そんなに旨い具合には行かないか(^T^)ヾ
でも、何らかの効果がありそうですよね(・v・)

おっし♪
今日からは、それも意識して、
まめまめしく,綺麗なお水を頂こう♪

まずは、
大きなマイ・ボトルに お水を入れて♪
もう一つのマイ・ボトルには、
蜂蜜入りのハーブ・ティーを注ぎいれて、

今日も公園に練習に持参しようかな(^^)/



−今日のはっぴぃあぃてぃむ−
今日も水分補給♪ ^v^
BGM:HENRI SALVADOR/REVERENCE

今日も水分補給して、
夏の元気を味方につけるよう♪・・・てなことで、今日もこの一枚♪

この爺も素敵♪(爺といったら叱られるかしら?)
好きな爺アーティスト,アコーディオンのジャン・コルティ爺が、
フランスの街から流れれくる音色と洒落さ・・・とするなら、
このギター引き語りの爺は、
空や海や、太陽の光、自然のはっきりとした景色と
対等の生命の明るさを、快活さを持っている♪

チョイトしゃがれた中に、
若さの伸びやかさと 月日を重ねた艶を感じる
爺の ボッサ・ノーヴァ♪

この夏のはっきりとした空の青、
強い日差しの黄色、反射する白い壁、
その日差しに落ちる黒い影、
そして、真っ赤なバラの色も取り込んでしまうような,その歌声♪

ブラジル・ボッサ?
んーーー、でもフランス・ボッサの洒落さがあって、
いいんだ♪とっても♪♪♪

木陰で聴くというよりも、
夏の太陽の下で耳にしたい。
夏の長く暑い夕日の中で耳にしたい。
そんな元気をくれる弾き語り♪

この蒸し暑ささえ、
味方につけてしまうような歌声と音色♪
そんな音色は如何ですか♪


2007年08月14日

■ 南と北が逆転の夏。〜夏エコのたのしみ〜

今日の最高気温。
沖縄よりも北海道が高かったとか。
とうとう北海道も暑くなったかぁ・・・・(ーー)。
富士山頂の気温も、非公式ながら更新しているとか。

東京も、蒸し暑さが怒涛のごとく続いている。
今日の朝も、
この蒸し暑さを知らせていたものね(・・;)ゞ

もう、
とろけそう・・・というよりも、
”どろけそう”という方が、
表現として似合っているような気候だね。

新橋駅前の映像がTVに映る。
あ”ーーー、あそこは(^^;)、
海風が通らなくなって、あづい だろなぁ。

個人的には、
夏ほど、時間によって気温の差がを楽しめる季節だし♪
この昼間の暑さも好きの一つだし♪
お水もこまめに補給しているのもいいのでしょう。
そんなに茹だり顔でもないんだけどね♪

・・・・・とは言え、
やはり季節がズレていることも、
こういう四季じゃ無かったよな・・・なんてことも、
メディアの中だけではなく、
日常の中に感じるようになった今日。


温暖化、省エネ、エコ対策。
それを少しも気にしない人は、
ちょっと考えないと、いくらなんでもやばいでしょ!
この状況。


少しでも、何か気に掛けてやらないと、
近いうちに、
人が人の姿でいられなくなるかもしれないぞ。

”どろけ”ちゃう日も、きっと近いぞ(・。・)。

それに、
結構,楽しめるよ♪  夏エコ♪

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

クーラー無しの私の部屋。
クーラー嫌いも手伝って、
自宅にいるときは自然の気温で過ごしています。
夏エコというよりも、私にとっては普通の生活♪
お水補給と共に、これが暑さに強い体も作るみたい。

冷房は、確かに涼しく快適を齎してくれるけど、
その後、外に出たときの暑さが、めちゃ辛くなるもの(ーー;)
きっと、
心地よくも、人の体温調節の力を奪うのでしょうね。
きっと、
知らず知らずに、体がストレスを受けているのでしょうね。

・・・・・てなことで、
この夏休暇中は、冷房ストレスからの解放だ(^0^)/
夏エコで暑さ楽しく過ごしてます♪


私の夏エコ・グッズ♪

まずは、”保冷材”と”手ぬぐい”。
ピンときたあなたは、やったことがあるでしょ(^^)/

小さな保冷材。
そう♪ お肉とやチーズ、アイスやケーキを買った時、
”お持ち帰りのお時間は どのくらいですか?”
・・・・・・なんて、聞かれて入れてもらう ”あれ”です。
昔は、ドライアイスが主流だったけど、
今は、この冷凍庫に入れれば 再びえて固まる保冷材が
よく使われているよね。
これ、お弁当を自宅から持ってゆく人は、
夏場は必需(・0・)bでしょ?!

この小さな保冷材を、一つ。
お気に入りの手ぬぐいで巻いて、
首に掛ける(若しくは巻く)のさ。


それでも耐え難い時は、
保冷材二つ巻いて・・・というのも、たまにやる(^^;)ゞ
でも、ご注意。
余り冷やしすぎると、肩が鈍痛となります。

なんか、首周りがダルイ。肩がダルイ。
なんてことになりませんように(^^)/
何事も、程よく!・・・が必要です。はい。

首に巻く。
たったこれだけで、かなり、涼しい。
頭も すっきり!

溶けて、ジェル状になっても、
熱を吸収してくれるから、
体全体が知らず知らずに冷えてしまう,冷房より、
足元冷え冷えの冷房より、
かなりの便利物。

それに、”手ぬぐい”というアイティム。
これは、ほんと エライ!アイティムだと思う。

柄も色合いも、夏物を楽しむ遊び心 あり♪
しゃれた手ぬぐいを現代にも
お知らせ&見せてくれるようになったのは、
名の知れているところでは
てぬぐいや”かまわぬ” かな?

昔ながらの文様使った,夏の風物・心地よい柄や色合いも、
手ぬぐいに描ききれない大きい鯨は、鯨目♪なんて遊びも、
ガイコツ表した洒落ある涼しさ♪

・・・なんてのもある。

新作も色々出ています♪
興味ある人は こちら→ ”てぬぐいごよみ” をどうぞ♪

私のお気に入りの手ぬぐいは、
(手ぬぐいや のものではないんだけど)
お香の文様が、薄い紫で ずらーーーと表されたもの
見る人が見れば、源氏の姫たちの名を持つお香の図。
香りを思い,涼しい一時になるかもしれないね。
あとは、お題 ”茶びん”
様々な鉄瓶のシルエットが、茶色で表されているの。

洒落表示ですね。

あっ、遊び心だけじゃないんですぞ!
手ぬぐいは、吸水力、肌当たりの良さ、
それは抜群です♪


高級タオルの様に、
繊維柔らかく決め細やかなタオルなら問題は無いけれど、
そうでないものは、
ずっと肌に触れる状況にあって、肌を傷める。
その点、
表も裏も無い織りの手ぬぐいは、
吸収力は勿論のこと、
柔らかで、きめが程よく、肌にもあたりが宜しい(uu)。
使えば使うほどその風合いよろしく楽しめる。

わたしの手ぬぐいも、
何年か使い続けるうちに、いい感じに色が削げまして、
柔らかしなやかさが増しまして、
肌にそそといい感じです。

広げると薄いから、直ぐに乾くのもいいね!
水滴が落ちる飲み物多き季節、
膝に広げれば、ナプキン代わりにもなるし。
ちょっとした包みにもなる。
勿論ボトルボルダーだって、
風呂敷包み同様に出来ますぜv(^v^)v

普通にハンカチ代わりにもつかっているのもあるよ。

私が一番使うのは、
ヴァイオリンの練習の時。
首に巻いて、スカーフ代わり&汗止め。
そして、顎宛に挿んで使います。

薄いから、厚みが気にならないし、
汗の吸い取りが、めっちゃ!良いのも、
滑らないのも!お気に入り♪

鞄に一枚,ポッケに一枚,首元に一枚,
是非,手ぬぐい お気に入り柄をお持ちくださいな。

お次は、”簾”と”霧吹き”

家と外との夏の境界線,簾。
夏の日差しを遮る,夏エコ♪
住宅事情から 外からの視覚を遮りながら風を通すアイティム♪

カーテンよりも
その風通しの良さ!空気の流れも良し!
ブラインドよりも、
日差しも程よく遮り、暗くならない。
ブラインドって、
影の出方が、どうもお部屋によっては塩梅良くないんだよね。
狭い部屋が余計ごちゃごちゃと見える。
位置によっては、めちゃ眩しいし(×。×)
簾の場合、それが気にならない。
お手入れだって、ブラインド掃除より楽々デス(^^)
私の場合、
外か、お風呂場に簾を持って行き、
お水を ザバーーーーーーっと滝流し。
スポンジで撫でれれば、はい!洗い完了(^0^)/
水切りして、これを窓辺に掛ければ、自然乾燥〜♪

この自然乾燥中も気持ちいいんですわ♪
水で冷えた空気が風に漂い,
    部屋の中に届くのがとってもね。

たまに、水洗いの仕上げに、ミントのオイル等を、
霧吹きで吹き付けることもあるんだけど、
これが漂ってくるのも好き♪
スーーーーーッとして、
    気分も シャキッ!ってね(^^)b


それと、先日も書きましたが、
昆虫には掴みやすい細さなのか、
自然素材だからか・・・・・。

時々、珍客にもやってくるおまけ付だ(^T^)。

たまには、
こうした夏の楽しみを頂くのもいい♪
色々素敵な要素多きアイティムですな♪

あとは、蝉の声以外が聴きたくなったら
夏にピッタリのCDアルバム掛け流し♪

暑いから、この暑さに負けない位いい声・音色聴くぞ!
涼しい声・音色聴くぞ!
はたまた、
この蒸し暑さをずっしり感じる曲を書けながら、
重いワインと青カビチーズで、
ずどーーーん と浸るのも、
季節受け留めたる!的な感じで いいもんです。

服では、
2年ほど前から、
涼しくて柔らかなタイやインドの綿服が大活躍中♪

デザインだって、サイズだって、
結構素敵なのが出回るようになったこの頃。
直射日光防ぐ長袖だって、蒸し暑さを調節してくれる。
乾くのも速くて、シワシワ干しも丸めた収納もOKの服。
扱いもお手軽で、涼しくて、るん♪

(^0^)暑い時は、
暑いながらの楽しみを♪
そして、暑い国の人からお知恵を頂く楽しみを♪



◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

2006年の夏エコ関連記事は、↓ こちら。

■ 日常の中で できること 〜夏の編〜
■ 水筒の楽々便利な洗い方
■ クール・ビズ が はじまって。



−今日のはっぴぃあぃてぃむ−
楽しい夏エコ♪ ^v^
BGM:鈴木大介/セレナータ・エスパニョーラ

スペインには、不思議な昆虫も沢山いそうだ♪・・・てなことで、この一枚♪

始めにこのアルバムを聴いた時、
正直,それほど素敵だとは思わなかった。
そして、直ぐに棚にしまってしまった一枚だったりする。
これは、また時期を持って聴き直そう・・・って。

なぜか・・・。
それは、アルバムとして、
なんとも内容がバラけているという気がしたから。
シングルで耳にしたなら、そんなことも思わなかったし、
きっと、”素敵だよ〜♪”と、
友人にも、このブログでも話していただろう。
なれど、アルバムとしては、そう思えなかったのでした。

でも、なんとなく気になって、
棚の前列に据え置くこと数ヶ月。

精力的に活動する大介氏は、この8月に新たなアルバムを発売した。
そして、
扉を開ける度に目にする,このアルバムのジャケットは、
発売された5月よりも、ずっと似合う季節となった。
原色を翻し踊る,フラメンコ♪
その眩しい裾の舞が鮮やかに写るジャケット♪

時期を待った・・・・ってことかな♪
そう思い、今日,改めて聴いてみた。
それも、
CDポータブルに接続する,
あまり音良し!とは言えない携帯型スピーカーで。
音や響き方へのこだわりを強く感じる大介氏にとって、
それは顔を顰める事だとは思うのですが、
これが、意外や、意外♪
このアルバムの良さを教えてくれました♪

よく耳にする曲が、
こんな風に新しく聴こえてきたのは、
この感じは初めて♪と、感激した近年のアルバム,
”カタロニア賛歌”とも、
迷いの足が、しっかりと新境地に立ちましたね♪と感じながら、
その新しい紡ぎの世界に心漂わせたアルバム,
”夢の引用/LOVE and Soul of Toru Takemitsu”とも、
それは違いました♪

それは、とても懐かしい響き♪
スペインと言う土地の中で、
素朴で、飾り無く、
昔から弾き語り継がれてきたような音色を
そこに感じることが出来たのです♪

あぁ,そうなのか♪
このアルバムには、スペイン各地の曲が収められている♪
だから、最初に通しで聴いた時、
土地の違いによる曲・雰囲気が、
アルバムとして続けざまに耳にした時にバラバラと感じ、
棚にしまってしまったのか・・・と。

あぁ,そうなのか♪
大介氏は、スペイン各地の素直な音を、
その土地に根付いた、その土地の音色を
このアルバムに収めようと思ったのかもしれない♪

それに気付いた時、
このアルバムの素晴らしさと、
大介氏の強みとなる音色へのこだわりの意味が、
伝わってきたと感じたのです♪

発売から数ヶ月。
棚にしまいつつも 気になっていた謎が、今日 解けました♪
遅まきながら、気付けた事に感謝します♪

音質良いとは言えないスピーカーで何故聴いたのか。
自分の不可解な行動にも、知らず知らずに意味があった♪
偶然か、意識の無い選択か。
こんなこともあるから、全てのものに意味がある。
不思議だなぁ。

次は、
クリアで良い音出すスピーカーを通して聴いてみよ♪

何かに気付けた時、素敵なことが起こる♪
そんな音色は如何ですか♪


posted by りんぴと at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | きっかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コメント・トラックバックはご遠慮なくどうぞ♪
表示は、案内人確認以後となりますのでご了承ください m(..)m
コメントしたいけど、ブログへの表示を希望されない方は、その旨を書き添えてくださいね(^v^)
案内人の心にのみ留め置きます♪

あなたには、どんなことがありましたか?
ここまで来てくれて ありがとう(u.u)
もしよろしければ、
右上の「カレンダー」・「カテゴリー」から他の記事にもお立ち寄りください♪



〜今月のご予定は?〜
<< 2007年09月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
〜素敵な出来事を1つ挙げてみよう!〜
新着記事♪
季節によせて感じること,コンサートの様子,記事を書いているときのBGM,お気に入りの場所,お役立ちグッズ 等♪
最近の”はっぴぃ”はこんな感じです(^ー^)♪
(09/16)■ 新たな一歩を踏み出そう。
(09/14)■ リサイクル & リサイクル
(09/13)■ 軌道修正 〜きっかけ〜
(09/12)■ 花のパワー 〜フラワー・アレンジメント体験レッスン〜
(09/08)■ ルチアーノ・パヴァロッティの死
(09/01)■ 白鳥の湖 〜氷上の「スワン・レイク」2007〜
(08/27)■ 細い夜空に見上げたもの
(08/15)■ 夏休みのラストは、終戦記念日。
(08/15)■ 水分60%の体−その2
(08/14)■ 南と北が逆転の夏。〜夏エコのたのしみ〜
みんなのコメントも待ってるよ(^^)/
あんなこと・こんなことカテゴリー♪
きっかけ(16)
日々の粒種(65)
お勧めのCD・書籍・Goods(7)
お出掛け(移動中・散策・遠足)(34)
お出掛け(コンサート・イベント・美術館)(102)
ご飯(家・外・デリ・パン屋さん・食材)(25)
お店(洋服・インテリア・雑貨など)(5)
ブログ・ヴァイオリン 奮闘日記(48)
最近のコメント♪−ありがとう!
■ デイビット・ギャレット スーパー・ヴァイオリン・コンサート 〜 後半 〜
 ⇒ ranran (02/14)
 ⇒ りんぴと (04/15)
 ⇒ ryoko (04/14)
■ スプーンの感覚
 ⇒ りんぴと (02/26)
 ⇒ 55aiai (02/25)
■ 2007年,外練事始め 〜外練習で見上げた空〜
 ⇒ りんぴと (01/09)
 ⇒ hippocampi (01/09)
■ 2007年,第一日目。
 ⇒ りんぴと (01/06)
 ⇒ ギター弾きカナモリ (01/05)
■ 早めにアップします。
 ⇒ りんぴと (12/16)
 ⇒ hippocampi (12/15)
最近のトラックバック♪
■ ルチアーノ・パヴァロッティの死 by オペラ歌手をあげる(02/04)
■ 素直な心になった翌日のお話。 by ソムリエがごとくワインを愉しむ(01/31)
■ ルチアーノ・パヴァロッティの死 by オペラ歌手の日(01/20)
■ 公演後の出来事〜ジプシー・スウィング・ナイト〜 by クラッシックの世界(09/29)
■ 素直な心になった翌日のお話。 by ウンブリアがたくさん(09/05)
過去ログランキング♪
各月作成記事のアクセスNo.1にリンクします♪
遡って読んで頂ける事に感謝です♪
みなさん,ありがとう♪
2006年2月■ 烏賊の墨 と 蛸の墨
3月■ ほかほか と。
4月■ デイビット・ギャレット スーパー・ヴァイオリン・コンサート 〜 後半 〜
5月■ まん丸一日 熱狂の日
6月■ ランプ作り体験
7月■ イヴリーお爺で幕があがる 〜 東京の夏 音楽祭 2006 〜
8月■ 『 エミール・ガレとドーム兄弟 』へ行く 〜序章 アール・ヌ・ヴォ の胎動 〜
9月■ ランプが届いた。
10月■ ヴァイオリンを弾く効能〜 ヴァイオリン奮闘中 〜
11月■ 仰ぎ見る輝き
12月■ 早めにアップします。
過去ログ♪
2007年09月(6)
2007年08月(11)
2007年07月(14)
2007年06月(7)
2007年05月(21)
2007年04月(13)
2007年03月(25)
2007年02月(14)
2007年01月(15)
2006年12月(14)
2006年11月(18)
2006年10月(14)
2006年09月(13)
2006年08月(17)
2006年07月(16)
2006年06月(17)
2006年05月(18)
2006年04月(15)
2006年03月(19)
2006年02月(15)
お勧めGOOS♪SHOP♪
案内人が、買って(^v^)戴いて(^v^)になったもの。プレゼントして(^v^)してくれたもの。気になってるもの・・・のご紹介
−あなたの"はっぴぃ"にもなりますように♪−


●素晴らしい♪コードレスのアイスドルチェパーラーです♪手作りがお手軽♪テレビ○ャン○オ○カリスマ料理人熊谷達也プロデュース!シェフの秘伝レシピ付き
テレビ○ャン○オ○カリスマ料理人熊谷達也プロデュース!アイスドルチェパーラー【ほほえみマート】
●メモリアルミラー♪どんな写真を飾る?
ベビーメモリアルミラー【ブールジョン】
●これ、毎日使ってます。お役立ちです♪
●徒歩による帰宅ルート。1ルート知って安心していませんか?
●簡単で効き目あり!!!


●CDもBOOKも おしゃれ家電も♪
●例えば こんなものもゲット出来る♪
●ギフト券をメールでプレゼントも出来ますの♪
●チケットゲット♪
●パソコン周りの楽しいがいっぱい♪
●思った以上に使える服・小物あり♪
●いいものを買おう♪職人さんの話も読めます♪
●快適空間には素敵な家具♪
●オーガニックの食や生活用品♪
●ワインも気軽に嗜もう♪
●野菜も食べようね♪




地球規模で考えてみる♪
−生活の中で出来ることをしてみよう−

■たとえば、地球上の子供■


■クリックで救える命 と 育てる希望■
−無料で募金できるサイト−
●目的を指定できるサイト●
分散設置型クリック募金donation.jp
●地域を指定できるサイト●


■フェアトレードショップを利用してみる■
−コーヒー好き、オーガニックコットン好き、赤ちゃんの為に安全なもの・・・。 そんな時、援助できるシステムのある店で買ってみる−

●援助活動の中で、フェアトレードショップを立ち上げているのはこちら↓●
ピープル・ツリー
店舗販売・通販カタログ販売 あり。 楽天でも、一部商品購入が出来るお店があります。 ネット購入が便利な方は、楽天の窓(サイドバーの上のほうにあるよ)からどうぞ。 取り扱い店舗があります。 コットンの服・おもちゃ・食品(コーヒー・チョコ・ドライフルーツ)がお勧めです。

ピース・ウィンドウ・ショップ
店舗販売・ネット販売 あり ネット販売は直接購入のほか、楽天にも取り扱いショップがあります。 楽天好きさんは、楽天検索窓(サイドバーの上のほうにあるよ)からどうぞ。 コットンの服・おもちゃ・食品(コーヒー・オリーブオイル)がお勧めです


■もっと出来ることはあるよ。ヒントはこの中■


あなたのライブラリー♪
−知るということ・理解するということ−
■迷ったとき、その道の達人に聞いてみる!


■データを見てみる
−どう利用するかはあなた次第(^^)−

サラダ好きの案内人は、ネタが無くなるとここに寄ります。
■サラダ・カフェ
人のおうちのご飯を真似てみることも・・・。
■Cock Clock
政治経済・健康・日常 色々。 とにかく面白くて凄いデータ量です。
■社会実情データ図録
これは、もう,データと言っていいでしょう!気が利いてますこのブログ。
■お気に入りのカレーやさん
建築・公園ウォッチング好きにはお役立ちです。
■~archives~
■建築+街並探訪
■都立公園・庭園案内
☆まだまだ工事中
案内人 出没スポット♪
コンサートホール・ライブハウス・美術館・博物館・・・・・”はっぴぃ”が詰まった素敵な箱はこちらです(^^)/
ご紹介&お気に入りリンク♪
コメントを頂いた,ブログを中心にご紹介します♪
素敵な奏者へのリンク♪
案内人が素敵だな(uu)と思う奏者のブログ・ホームページです♪
お気に入りリンク♪
案内人が訪ねて(^v^)のブログ・ホームページです♪
 
お出掛け 予定♪
●お出掛けしたら、お話しま〜す(^0^)/●
2006.01
古澤巌/フィドラー!ホットクラブ〜グラッペリの風
2006.02
2006.03
2006.04
2006.05
2006.06
2006.07
2006.08
2006.09
光の魔術師・インゴ・マウラー展
2006.10
インド・フェスティバル 2006行きそびれちゃった
2006.11
2006.12
仏像展
大エルミタージュ美術館展
加藤訓子/打楽器奏者 加藤訓子演奏会
2007.01
2007.02
カトリーナ&クリス・ハウゴー&ホイロップ/2007ケルトハープ・フィドル・ギター
マリオ・ブルネロ&アントニオ・ルケシーニ/チェロ&ピアノ
マリオ・ブルネロ&ヴォーカル・アンサンブル・カペラ/チェロ&合唱
2007.03
国立新美術館・黒川紀章展
新旧二つの笑い展
高橋悠治ピアノリサイタル/ハッピー・バースディ J.S.バッハ!2007
2007.04
2007.05
スリランカ・フェスティバル 2007行きそびれちゃった
ストラディヴァリ・サミット 2007
2007.06
ザ・チーフダンス/ケルト音楽・ダンス
2007.07
マキシム・ヴェンゲーロフ&室内オーケストラ公演中止
高橋悠治 2007 ピアノ・リサイタル
2007.08
2007.09
氷上の「スワン・レイク」
インド・フェスティバル 2007
東京国際菜食文化フェア
2007.10
マリオ・ブルネロ/紀尾井ホール
アースガーデン秋2007
イヴリー・ギトリス2007
2007.11
2007楽器フェア
ローランコルシア 2007


ちょっと休憩しませんか?
たまには、空を見上げながら、
ぶれいく してみませんか^ー^
いいこと あるかも♪
寛ぎと目覚めと元気のお供

はっぴぃあいてぃむ その@
−デザート・お茶請け のある喜び−
●魔法のレトロプリン♪♪
魔法のレトロプリン【チーズケーキ・カニしゃぶ・蟹 グルメ通販 釜庄】
●今すごい人気なんですね。豆乳&おからのダイエットクッキー♪おいしいってだけじゃないんだな♪
[厳選素材]豆乳おからダイエットクッキー 1箱【通販クラブ.com】
●笹と蓬の香♪
越後の笹だんご【快適生活】
●オレンジ色鮮やか。酸味ほどよい,あんずのタルト♪
あんずのタルト【快適生活】
●とろけでる美味しさ♪チョコレートフォンダ♪
フォンダンショコラ【チーズケーキ・カニしゃぶ・蟹 グルメ通販 釜庄】
●旨^O^無添加チーズケーキ♪
焼きチーズケーキ【チーズケーキ・カニしゃぶ・蟹 グルメ通販 釜庄】
●みんなで楽しく お得なセット♪
チーズケーキ福袋【チーズケーキ・カニしゃぶ・蟹 グルメ通販 釜庄】
●「ぐりとぐら」の黄色いカステラならぬ,バケツプリン♪もっとでかいのもある^o^
バケツプリン【チーズケーキ・カニしゃぶ・蟹 グルメ通販 釜庄】
はっぴぃあいてぃむ そのA
−本当に良いプーアールは、甘くて、やさしくて、やわらかい−
●特級熟茶♪一杯の至福♪♪
〔お一人様一品限り!〕 プーアル茶・特級熟茶 (5g)【プーアル茶専門店 【雲南茶房】】
プーアル茶の世界へのエントリー
●プーアル茶・熟茶♪♪
プーアル茶・熟茶 (200g)【プーアル茶専門店 【雲南茶房】】
●プーアル茶・生茶♪♪
プーアル茶・生茶 (360g)【プーアル茶専門店 【雲南茶房】】
−お湯で溶いたらデザートティー 南アルプス麓の恵み−
●ゆずハチミツ・ゆず茶タイプクエン酸のちから♪
南アルプスのゆずハチミツ・ゆず茶タイプクエン酸のちから【小野洋らん果樹園】
●咳と喉にお勧め!かりんハチミツ♪
南アルプスのかりんハチミツ【小野洋らん果樹園】
−ハーブティーの効能−
●ハーブティーフォン♪ 目に楽しく、香も増します♪
ハーブティーフォン【バリュー通販】
●深い霧に閉ざされた ネパール領イラム谷で採れる高級紅茶,イラムティー♪
ネパール産イラムティー100g(ミニポーチ入り)【ムトウアイデア商品通信販売】
●薬屋さんの推薦♪ノンカフェインで妊娠・授乳期にも飲める免疫力UPのハーブティ♪
マタニティー・ハーブティー エキナセアブレンド:16包×2個セット【三牧ファミリー薬局】
●デトックス・ハーブティで腸がスッキリ♪
特選養麗健茶(とくせんようれいけんちゃ)初回送料無料&プレゼントつき♪デトックス&ダイエット&便秘解消にお茶を替えるだけで簡単!【おなかの健康宅配便(株)りぶメール】

はっぴぃあいてぃむ そのB
−普段着のワインを楽しもう−
●フィンランドの不思議な石 “SoapStone”をくりぬいたワインクーラー♪
ソープストーンワインクーラー【和がら洋服・雑貨の店【ら・さら】】
●美味しくてお手軽単価のアイスワイン♪
白ワイン・シャスラ(Chassles 2004)■3本以上で送料無料■【【わいん臓カナダ】】
−日本酒ベースの梅酒。蔵元さんの梅酒は旨いよ−
●蔵元さんがこっそり呑む梅酒♪
八岐(やまた)の梅酒 1800ml【梅酒屋】
●リッチなお味♪
紀州乃七年 1800ml【梅酒屋】
●完熟梅酒
鶴梅の梅酒〜完熟〜 720ml【梅酒屋】
●日本一すっぱい?梅酒
鶴梅の梅酒〜すっぱい〜 720ml【梅酒屋】
●日本酒の名門「銀嶺立山」が造る梅酒
立山の梅酒 1800ml【梅酒屋】
●腰抜かす♪
月ヶ瀬の梅原酒 1800ml【梅酒屋】
●格好のいい酒♪
赤短の梅酒 1800ml【梅酒屋】
●呑んでみたいな,大古酒梅酒♪
幽玄秘酒 渾然 720ml【梅酒屋】

はっぴぃあいてぃむ そのC
−絵から読み取り紐解く楽しさ−
●アジアに魅惑の調味料
●石膏像の人達の問い掛け♪
●スイッピの家族しってる?
●ジャバラ折りが織り成す世界♪♪
●k.m.pの旅本で、リアル体験♪


はっぴぃあいてぃむ そのD
−耳から心に届く心地よさ−
〜最近のお気に入りローテーションより〜
●生命の喜びが自由奔放に溢れ飛び込んでくる♪自由なブラジルの大地と風と太陽だ♪
●これぞ、カリスマ!アコーディオン奏者♪
●素肌に触れてくるクリアヴォイス♪纏い漂う音の移り♪
●耳を傾けずにはいられない!空間音響ジャズ♪
●裸足のディーバ♪オーラ放たれた歌声♪
●躍動感の溢れるギター と フィドル のデュオ♪
●この心地よさに浸って下さい♪陽だまりの中でお昼ねしよう♪
●空を翔るメロディー♪アコギデュオ♪
●尊敬と優しさ溢れる光景♪ジャズ&クラッシック♪♪
●やさしい雨音♪心の扉を開ける音色♪♪
●情感豊かな歌声♪聴くたびに新しい♪
●重みも華やかさも合わせ持つ♪フローランのバリトン♪
●自然とポジティブになれてしまう,魔法のメロディ満載♪♪
●センスの良さ♪このアイルランドの歌声を是非聴いてほしい♪♪
●クールな中にミステリアスが見え隠れ♪♪
●麒麟 端麗から鬼平犯科帳まで♪アツクはじけます♪♪


ブログ お問い合わせへのお答え♪
★お昼の”コッヘルさん”って何?!
   
お昼のコッヘルさん(こっくりサンじゃないよ!)は、
夜な夜な,もとい、昼の昼間に会社の給湯室でお昼つくり???簡単ごはんレシピ?!です。
★CDだけの記事があるといいんだけど?
MUSIC(CDアルバム)については、アルバムご紹介の専用ブログを創りました♪ 覘いてくださいね♪

★商品やリンク紹介はお勧め品?
「お勧めGOOS,SHOP」「ちょっぴり休憩・・・」は、案内人のお気に入りです。 実際に手にして良かったものを取り扱うお店や、お役立ちのリンク先をピックしてご紹介します。
”本のしりとり”は、まだ?
案内人の遊び場,大型BOOK店での書棚めぐりの旅。ご紹介したい本が、アマゾンに無いことが多すぎて・・・。開始を再検討中です。 しばしご猶予くださいね


★コメントしたいけど、皆に読まれるのが恥ずかしいな。
案内人が読んだ後に、公開・非公開とします。
↑コメントの公開は、案内人が確認後に行うように設定しました♪コメント非公開希望の方は、投稿時にその旨をお書き添え下さい♪



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。